ファミコンカセット本日の成果は4本でした。初のリサイクルショップでの購入でした。

まいどっ!

レトロゲーム大好き「ともきち」です。

今回のファミコンカセット入手の報告です。

スポンサーリンク

本日の戦利品

ファミコンカセット本日の成果は4本でリサイクルショップで手に入れました
1.覇邪の封印 (アスキー)
2.戦場の狼 (カプコン)
3.バルトロン (東映動画)
4.けいさんゲーム算数3年 (東京書籍)

今回は、以上の4本でした。「戦場の狼」は、ゲームセンターで良く遊んでました。

この頃、ともきちは中学生で、お小遣いはそんなに多い方ではなかったので他人のプレイを見ていることの方が多かったですが、なんだか戦場の狼にはハマって友達と一緒にプレイしていました。ゲーム中に流れるBGMは、かっこよくて最高です!

ファミコン版も持っていましたが、ファミコンの処理速度が追い付かなくて、敵がチラついて、見づらく難易度が高かった気がします。

スポンサーリンク

値札シール剥がしに挑戦

今回、ROMカセットに値札シールが付いていたので、剥がす事にしました。

値札シールを剥がすのに100円ショップで購入100円ショップ(ダイソー)に行って、「シールはがし液」を買ってきました。

 

ファミコンカセットにべったり値札シールがついているこちらが、剥がす前の状態。\300の値札シールが、べったりついています。

 

値札シールに剥がし液を綿棒を使って塗り込むはがし液を綿棒につけてシール全体に塗ります。カセットのラベルには液がつかないよう細心の注意を払います。

 

剥がし液をぬったら、へらで少しづつ剥がす液をシールに塗ってから、1分程経ったら、ヘラで剥がしていきます。この時、慌てずに、少しづつ剥がしていくのかポイントです。

 

綺麗に値札シールがとれました。綺麗にシールが剥がれました!剥がした後、シールの糊の後が残っている場合は、ウェットティッシュ等でよくふき取り完了です。

スポンサーリンク

レトロフリークにROM吸出し

それでは、レトロフリークにROMの吸出しを行います。

レトロフリークに無事ROMの吸出し完了!
今回、4本全て、レトロフリークにROM吸出しできました。「戦場の狼」は何度やっても吸い出せず、不良品かなと焦りましたが、カセットの端子部分を念入りにクリーニングしたら吸出し出来ました!

購入場所

リサイクルショップで購入しました。

10年ほど前に引っ越しの際、要らなくなった食器棚やテーブルなど引き取ってもらった近くのリサイクルショップで、その時は、店内には沢山のファミコンカセットがありましたが、今は殆どなくなっていました。

ありふれたファミコンカセットしか置いてなく、値段も300円で統一されていて、もう誰も買わない感じでした。

リサイクルショップでの購入は、今回で、もういいかな(笑)

かかった金額

購入金額 1,200円
送料 0円

300円のカセットが4個です。レアなカセットはまったく置いていなかったし、コスパ的にはメルカリの方がいいかも。

編集後記

今回、入手した「覇邪の封印」は、友達の家でPC-88版で少し遊ばせてもらった記憶があります。

ファミコン版は未プレイですが、RPGでありながらバッテリーバックアップはなく、パスワードを入力する方式で、しかも100文字以上書き止める必要があります。単純にドラクエⅡの2倍です。パスワード書き間違ったら、心折れちゃいますね~

当時はパスワード入力が面倒くさかったかもしれませんが、レトロフリークならクイックセーブ機能があるので、いつでも簡単にセーブでき便利になりました。是非、当時を思い出しながらプレイしてみたいと思います。

フルコンプまで、あと952本!!

スポンサーリンク
おすすめの記事