ファミコンカセット本日の成果は8本です。ダブりは2本でした。

まいどっ!

レトロゲーム大好き「ともきち」です。

今回のファミコンカセット入手の報告です。

スポンサーリンク

本日の戦利品

ファミコンカセット本日の成果は8本手に入れましたが燃えプロと究極ハリキリスタジアム3がダブりました
1.燃えろ!!プロ野球 (ジャレコ) ←ダブり
2.ゴルフ (任天堂)
3.ファミリーマージャン (ナムコ)
4.究極ハリキリスタジアムIII (タイトー) ←ダブり
5.スカイデストロイヤー (タイトー)
6.未来神話ジャーヴァス (タイトー)
7.アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃 (テクモ)
8.信長の野望・全国版 (光栄)

今回は、以上の8本です。今回は、ダブりは2本でした。手持ちの本数が増えてくると少しづつダブりが多くなります。

今回入手したカセットの中で思い入れがあるものは何といっても「信長の野望」です。
パソコン版の存在は知っていましたが、プレイしたことがあるのは、やはりファミコン版。カセットの大きさが通常より大きくて、カセットの値段も9,800円と高価でした。

ともきちは、もっぱら友達の家に行ってプレイしていました。ともきちは「島津家」、友達は「上杉家」を選択しひたすらプレイ。

どちらも多くの国を支配するようになって、最後の方は殆ど、ともきちと友達の領地になり、あまりにも時間が長くかかりすぎて、お互い面倒くさくなってきて、途中で止めちゃいました(汗)

その後は自宅でともきち一人でプレイすることが多くなりましたが、一度、全国統一しても今度は弱小の大名でプレイしたりと飽きの来ないゲームでした。

おかげで戦国歴史は得意になりましたね~。司馬遼太郎や山岡荘八の歴史小説も好んで読むようになり、大河ドラマの毎週欠かさず見るようになりました。

「信長の野望」は、その後もシリーズ化してバージョンアップを重ねてリアル度が増しますが、ともきち的には手軽にプレイできる初代の全国版が好きです。

スポンサーリンク

レトロフリークにROM吸出し

それでは、8本のROMの吸出しを行います。
無事にレトロフリークにROM吸出し成功!
無事にレトロフリークにROM吸出し成功!
8本とも無事レトロフリークにROM吸出しできました。ダブりがありますので実質6本吸い出しです。

スポンサーリンク

購入場所

メルカリで購入しました。

信長の野望がないかな~とメルカリで探していたら、メチャ安いこちらのセット品も見つけ、即ゲットしました。

かかった金額

購入金額 777円
送料 0円

8本で1本の値段が100円を切っているので、お買い得プライスでした。

編集後記

ジャレコの「燃えプロ」は、つっこみ所が多くて、正直ともきちと、ファミコン仲間の間では、ネタゲーとして話題にあがっていました。ファミコンと比べると操作性がいまいちでしたからね~。
あと、友達と対決してても強打者にどんなボールを投げても、殆どホームラン打たれるので、攻略もくそもありません。

それでも、ともきちがよくできてるなぁ~と当時感じたことは、音声合成ですね。審判のコールやヒットを打った際の歓声など、とても爽快感がありました。

そんな、音声合成は、外部音声チップで実現しており、特殊仕様の為なのか、レトロフリークでは音声合成が出ません。BGMと効果音は

声や歓声が出ないと燃えプロの楽しさが半減する為、燃えプロをプレイするときは「NEWファミコン」で遊ぶことを強くお勧めします。

フルコンプまで、あと917本!!

スポンサーリンク
おすすめの記事