ファミコンカセットフルコンプ今回はついにデータックをゲットしました

まいどっ!

レトロゲーム大好き「ともきち」です。

今回のファミコンカセット入手の報告です。

スポンサーリンク

本日の戦利品

データックで遊ぶドラゴンボールのミニカセット
ドラゴンボールZ 激闘天下一武道会 (バンダイ)

いやぁ、ファミコンコンプリートに避けて通れないデータック商品を手に入れちゃいました!
データック(DATACH)は、1990年代に流行っていたバーコードバトルをファミコンで再現できる、バンダイお得意の周辺機器です。
こちらの商品が販売されたのが、1992年で「ともきち」は、22歳の大学4年生。

この頃はゲームは「スーパーファミコン」や「パソコン」で遊んでおり、恥ずかしながらデータックの存在自体、最近まで知りませんでした。

バーコードでバトルする玩具は、エポック社の「バーコードバトラー」が有名ですよね。

令和時代の今ではスマホでバーコードで読み取ってバトルするアプリ「キングオブバーコード」があります。

残念ながら、データックはファミコン後期との事もあり、あまり流行らなかったみたいですね。

スポンサーリンク

バーコードリーダー本体付属です

データックの外箱の表面
データックの外箱の裏面今回箱付きの商品でした。箱は、28年前の物としては結構綺麗だと思います。

 

データックを開封したところ
バーコードカードを読み取るデータック本体
データックで遊ぶ為のカードが40枚付属していました箱を開封すると、このミニカセットで遊ぶ為の「データック」本体と専用カード40枚が入ってました。説明書とアンケートはがきもはいってました。

 

通常のロムカセットとデータックのミニカセットの大きさを比較
通常のカセットとミニカセットの大きさ比較です。データック用はかなり小さいです。

 

データックの後ろ側にミニカセットを差し込む
データック本体をファミコン本体に差し込む
バーコードカードをデータックに読み込ませる使い方は、データック本体の後ろにミニカセットを差し込み、データック本体をファミコンに差し込み(NEWファミコンでも大丈夫です)、カードを読み込ませで遊びます。

初代白赤ファミコンよりNEWファミコンのほうが色合いがマッチしてて、クールです。

スポンサーリンク

購入場所

メルカリで落札しました。
ドラゴンボールのデータテックは、比較的安く出品されていました。

かかった金額

落札金額 1,500円
送料 0円

状態の割には、安い値段で買うことが出来ました。出品者様に感謝です。

編集後記

このデータテックは1992~1994年に出たソフトで、圧倒的に物が少ないです。
ドラゴンボールは比較的沢山出回っていますが、その他は、ヤフオク&メルカリどちらも殆ど現れません(汗)

現れたとしても、めちゃ高額な値段でなかなか手を出せない状態です。

フルコンプの道は、終盤は、本当に苦しくお財布との闘いになりそうです。

フルコンプまで、あと971本!!

スポンサーリンク
おすすめの記事