ファミコンカセット本日の成果は1本手に入れましたデータック製品でダブりはありませんでした

まいどっ!

レトロゲーム大好き「ともきち」です。

今回のファミコンカセット入手の報告です。

スポンサーリンク

本日の戦利品

ファミコンカセット本日の成果はデータック製品1本手に入れましたがダブりはありませんでした。
Jリーグ スーパートッププレイヤーズ (バンダイ)

今回は、以上の1本です。

ハイっ!今回、またまたコレクター泣かせのデータック関連の商品を入手しましたよ。

こちらの商品が販売されたのが、1994年4月で、この年はアメリカでサッカーワールドカップ(W杯)が開催された年です。

前年の1993年にJリーグが開幕し空前のサッカーブームとなり、翌年の1994年も引き続き、異常人気は続いてましたね~

ともきちもサッカー人気に乗じて、テレビ見てました。当時は、今の中国リーグみたいにお金周りが良かったのか、世界からスーパープレーヤーが集まってました。

そんなJリーグブームに乗っかって、こちらの商品が販売されたと思いますが、1994年と言えばファミコンカセット販売のラストイヤーで、この年販売されたのは全メーカーでたったの7本で、こちらはそのうちの1本でした。

この頃すでにスーパーファミコンに世代交代されており、こちらのファミコンカセットが販売されていたのも、殆どの人は知らなかったのではないでしょうか。

もちろん、ともきちもこのカセットの存在は知らなかったのですが、是非、当時の名プレイヤーの活躍を懐かしみつつプレイしてみようと思います。

スポンサーリンク

箱、取説、データックカードフルセットです

今回、カセットだけでななく外箱、取説、そしてデータックカードが一式揃っていました。
Jリーグトッププレイヤーズの外箱表面です。外箱です。箱のコンディションは結構良いと思います。

 

Jリーグトッププレイヤーズの外箱裏面です。外箱の裏面です。裏面にはショップのバーコードシールがベッタリついてました。剥がすかどうか思案中、、、、。

 

Jリーグトッププレイヤーズを開封したところです。開封したところです。データックカードは未開封状態でした。

 

データックのJリーグトッププレイヤーズの専用カードデータック専用カードは、10チーム×4枚で合計40枚ありました。現在は参加クラブは20チームですが、当時は半分の10チームだったんですよね~。チームが消滅してしまった横浜フリューゲルスが懐かしい、、、。

スポンサーリンク

NEWファミコンで起動確認します。

それでは、NEWファミコンにデータックを接続して起動してみます。
データック本体にミニカセットを取り付けますまずは、エピソード6でも紹介したデータック本体を用意し「Jリーグ スーパートッププレイヤーズ」のミニカセットを接続します。

 

NEWファミコンにデータックを取り付けた所NEWファミコンに、データック本体を接続して電源ONします。

 

NEWファミコンでデータックのJリーグトッププレイヤーズが正常に動作しました無事、ゲームが起動しました。

レトロフリークにROM吸出し

続いて、レトロフリークにROM吸出しを行います。

レトロフリーク本体にデータックを取り付けた所ですNEWファミコンと同様に、データック本体をレトロフリークに接続して電源ONします。

 

レトロフリークにROMが正常に取り込まれました無事、レトロフリークにROM吸出しできました。

購入場所

地元のファミコンショップで購入しました。

たまたま、ふらっと立ち寄ったら、こちらの商品があったので迷うことなく買いました!

かかった金額

購入金額 18,700円
送料 0円

ヤフオクやメルカリの相場では7~9万位で出品されているので、結構安くゲット出来てよかったです。

編集後記

データック関連のカセットも少しづつですが揃ってきました!残りは4つ。無理せず安値の時にゲット出来たらと思います。

フルコンプまで、あと862本!!

スポンサーリンク
おすすめの記事